タチバナの合理的なまいにち

試行錯誤してます

生涯独身でいたい男性が増えている

結婚したくない男性の数が増えている。結婚したくないと思っている男女の割合は、近年微増傾向にあったが、特に男性において、生涯結婚したくないと思っている人の割合が急激に増えていることがわかる。

f:id:nodanodayu:20190219184858p:plain

http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou15/NFS15_report3.pdf

結婚したくない理由

結婚したくないとする人が増加している原因は金銭的な理由が大きいと考えられる。

結婚すると経済的に余裕が持てると考えている女性が増加していることから、男性はその期待に応えられないあるいは応えたくないと考えている人が増えているのではないだろうか。 f:id:nodanodayu:20190219185312p:plain

しかし、結婚ではなくとも人間が一緒に住むことで削減できるコストは大きい、つまり一緒に住むことで経済的にはより豊かになることができる。特に家賃や光熱費、水道代を2人で割ることが大きいだろう。 子供を持つと話は変わるが、働いている2人が結婚するのならばむしろ結婚することによって豊かにさえなれる。

男女ともに既婚者より独身者の方が寿命が短いというのはよく知られた事実である。大きな原因は健康に対する行動の違いであろう。 ひとりでいると健康に気遣う意識がどうしても薄れてしまう。

*追記 事実を誤認していたようです。 ターマン研究という1500人を80年にわたり追跡調査した研究によると、生涯独身の男性は割と長生きします。

もっとも長命なのは生涯配偶者と連れ添った男性であり、その次に長生きするのが生涯独身の男性です。

最も短命なのが、妻に先立たれた後再婚をしなかった男性です。

gendai.ismedia.jp

biz-journal.jp

結婚の利点

結婚に利点があるとする男性の割合は、64.3パーセント、利点はないと思う男性の割合は33.3パーセントである。それに対して女性は77.8パーセントが結婚の利点を見いだしており、利点はないと思うとした女性は20.7パーセントである。

これにより女性の方が結婚にメリットを見出す傾向が強いことがわかる。近年、結婚の利点において、経済的に余裕が持てることを上げる女性の割合が微増傾向にある。

高い年収の男性と結婚して仕事を辞めたいと思っている女性は近年減少している。

f:id:nodanodayu:20190219191713p:plain

結婚しても仕事を続けたいと思っている女性はだんだん増えている。

独身者が結婚しない理由

未婚者の独身にとどまっている理由として、適当な相手に巡り合わないことが大きな要因になっている。

f:id:nodanodayu:20190219185245p:plain 近年の婚活パーティーやマッチングアプリの出現によって出会う人の数が格段に多くなり、適当な相手に巡り会えるようになったと思われるが2000年代初め以降変化はない。