タチバナの、合理的なまいにち

将来について迷走する女子大生。テクノロジー、本、漫画が好き。

要領よく合格するために〜受験勉強において大切な3つのこと〜

皆さんはじめまして。タチバナです。

私が、今通っている国立大学医学部に合格するために受験において最も意識していた3つのことについて書きたいと思います。

もっと正確に言うと短時間の勉強で要領よく合格するために必要なこととは?

 

私は受験期、あまり長時間勉強をする受験生ではありませんでした。

それでも現役で合格できたのは以下のことをしっかりと意識していたからです。

 

 

まずはじめに、皆さんが受験においていちばん大切だと思うことは何ですか?

勉強時間?

教材?

よい教師?

 

私が思う3つの鉄則とは、、、

 

同じ間違え方を二度しない

入試において本当に必要なことだけを学ぶ

いつだって入試本番をみすえる

 

 

ことです。

 

ではこれらについて詳しく説明していきます。

 

1、同じ間違いを繰り返さない

ポイントは、安易に解説に頼らない、ことにあります。

 

 

 

具体的にどのように勉強していたかというと、

問題を解く

答え合わせをし、ミスっていることに気づく

解説を読まずに、解き直す

↓(合っていた場合)

なぜ1度目間違えたのかをしっかり考える。もし単なるケアレスミスにしても、自分のするミスのパターンというものが必ず存在します。

 

↓(それでも間違えた、てんで手も足も出なかった場合)

解説を読み、自分に足りなかった知識、または解法を習得した上で、解答解説に頼らずもう一度自力で解いてみます。

 

このようにして、自力で解くということを大切にしながら勉強すると、短時間でかなりの実力をつけることができます。

 

要領よく受かることを目標としたときに、同じ間違い方を二度、三度と繰り返すと見直しをふくめて、そこに大きな時間のロスが生じてしまいます。

だから私はある問いに正答できなかったときは、絶対に同じミスを繰り返すまい、と心に決めながら勉強していました。

 

2、入試において本当に必要なことだけを勉強する

え、何?当たり前じゃない?と思われる方も、たくさんいらっしゃると思います。

 しかし!!受験勉強に忙殺され出すと、こんなにも大事なことが頭からぬけおちてしまうことが、往々にしてあるのです、、、、、

 

長時間勉強しているのに成績が上がらない。私はこんなに努力しているのに。

 という方々、はっきりと言わせてもらいましょう!

それは、勉強しているふりです!!!

 

たとえば、

理系の人にとって漢字の勉強(私的に)

実力不相応な問題集

必要のない英単語集に時間をかける.......etc....

 

本当に時間の無駄です。

自分の行きたい大学をみすえて、教材を選んだり、教えてもらう人を選んだりしながら、必要な分だけきちんと勉強しましょう。

 

3、いつだって入試本番をみすえる

これがいちばん大切です。受験勉強をしていると、ときに真の目標を見失って、ただこなすことを目的化してしまいがちなのです。脳死になる、考えないことはラクですからね、、

 

入試本番の決まった時間内で、他のやつより高得点をたたき出す!!!

 

本当は受験勉強においてこれ以外の目標など存在しないはずです。

よって大切なことは、

 

この問題が入試に出たら本当に自力で解けるか

(恩師に何度も言われたことなのですが、受験会場に解答解説は見ることができないのです!)

 

時間内で解ききれるのか

 

ということです。本番を意識しない受験勉強に価値はありません。

 

 

 

 

 

以上が私が受験勉強において大切にしていた最低限の3つのことです。 

いかがでしたか?何事もただがむしゃらに長時間こなせばいいのではないのです。

どうすれば、短時間で効率よく入試突破できるのか、皆さんも一度考えてみてください。

 

さいごに、受験期に読んで参考になった本を挙げさせてもらいます。

 

 

逆算式勉強法なら偏差値40でも医学部に入れます

逆算式勉強法なら偏差値40でも医学部に入れます

 

 

 

出題者の意図の読み解き等から行い、どの時期にどうなっていて、また何をすればよいのか考えるという方法が気に入りました。